雪上ロードバイク

This web site was created as a satellite site of web sites "snowbiking in Japan" and "cycling training on snow"

Dr.Kの雪上ロードバイク(雪上ロードレーサー)

当会のエース、Dr.Kの雪上ロードバイクです

当会で最も活動的にレースに参加している雪上ロードバイカー

出身地 現住所 雪上自転車暦 使用フレーム メインコンポーネント(ロードパーツ) メインコンポーネント(MTBパーツ) 使用スパイクタイヤ
山形県 北海道 15年 アンカー Tiagra Deore ノキアン

特記事項 職業 主な練習コース(冬) 主な練習コース(夏)
ロードパーツは、ハンドル、ステム、デュアルコントロールレバーだけです。ブレーキはMTB用のディスクブレーキをそのまま使用していますが、ストロークには問題ありません。 医師(形成外科) 手稲山
石狩浜
手稲山
厚田

自己紹介:

完全に平場しか走れないスプリンターです。が、雪上ロードを始めてから坂道がそれほど嫌いではなくなりました(あくまで「それほど」で、基本的にはやっぱり平場が良いですね)。これから、さらに雪上ロードを究めて、ヒルクライムもできるスプリンターを目指します。 Dr.K

使用自転車:

基本的にMTBオリジナル部分を最大限に残してあります。フロントディレーラーは元々ついていたDeoreではストロークが違って使用不可能でした。ロード用に交換してワイヤーを下から牽くようにしたほうが簡単だったと思いますが、出来るだけ上から牽きたかったため、苦労しました(私ではなくメカニック担当者が)。Deore LHに交換し、ワイヤー取り付けを内側に変更してストロークの差を吸収しています。また、ストロークは問題ないのに、ブレーキからの異音がなかなか消えませんでした。非常に微妙な精度の悪さによるもので(雪上ロードに改造したこととは無関係でした)、ブレーキ本体とフレームの間に薄いワッシャーを入れただけで解消しました。

Dr.Kの雪上ロードバイク